ダイエット中におやつはOK?おすすめの飲食は?

夏までにダイエットを完璧におこないモテボディを狙っている方、健康を気にしてダイエットを始めようかと思っている。どんな人でもおさえておいてほしい「おやつ」とお腹をうまくごまかす方法を考えてみます。ダイエットは食べなければ痩せる。これすごく当たり前の話で、痩せている人やダイエットに成功している人がたまにですが、太っている人に対して心ないことを言う人がいます。努力が足りないだけ。食べなければよいだけなのに自己管理ができていない。等など。それは一理なくはないのですが、太っている方がなぜ痩せられないかて痩せる方法を理解していないからだと思うのです。

間食するおやつは無塩ナッツ系がおすすめ

食べなければ痩せる。確かにそうです。でも痩せている人も体質的に太りずらい人も、とはいえ食べたくなる時はありますよ。間食とか。夜食とか。

なんの知識もない人がやりがちなのが、ポテトチップス、プリン、などなど高カロリーで太りやすい塊の間食を食べる。そりゃね。太るよねと。

おやつを食べるにしても、太りずらいとか美容を意識したものに変えるだけでも変化はでるはずです。例えば、おすすめなのが無塩ナッツ。一度くらいはナッツが美容に最適という話をきいたことがあるのでは?

ナッツに含まれるオレイン酸は体によいとされる不飽和脂肪酸がよく摂れます。なにがよいかというと、不飽和脂肪酸は脂肪をつきにくくする、血液中の中性脂肪などの調整役とも言われています。同じボリュームをポテトチップスで比較したとしてもナッツのほうがカロリー自体は高くつくことがありますが。そもそもの栄養素を考えた時ナッツのほうがあきらかによいわけ。カロリーよりも栄養素を期にしよう!ということは覚えておいてください。太っている人はカロリーだけを気にしてコンビニとかでも裏面のカロリーばかりで選んでいるかもしれませんが、これからは栄養素で考えましょう。

たんぱく質、ビタミン等も炭水化物をとる時は意識する

最近テレビなどで話題になっている話でラーメンとチャーシュー麺どちらが太らない?というクイズがあります。これまあこんな話をしている時点で後者が正解な訳ですが、カロリー自体は後者のチャーシュー麺のほうが高いです。 しかし、炭水化物の塊だけをたべるよりも、たんぱく質や豚肉のチャーシューでビタミンBなどを一緒に摂ったほうが体にはよく太りずらいという話です。もちろんこれは比較したらの話なのでダイエット中にラーメンを食べて痩せるというわけではないことは注意しましょう。但し、食べ物や食べ方を一つ意識するだけで今まで太っていた方は痩せるかもしれませんよ。

例えば、食べ物は必ず野菜から食べ血糖値の上昇を防いだりやれることはいくらでもあります。偏った食生活はさけ量を減らしたり、3食ではなく、間食の食べ物を替えたり、飲み物でコーラなどを飲んでいる方はお水にしてみる。とか。

いきなりハードなダイエットよりもこういった体のメカニズムに沿ったことを学ぶことがいかに重要か気がつくはずです。

酵素の炭酸割りで満腹感を演出する

おやつというと固形物ばかりを考えてしまいますが私は酵素ダイエット 人気の商品も多いに活用すべきだと考えています。酵素というと置き換えダイエットというイメージが強いですが、さきほどいったコーラを水に変えるのが難しいという方はこれおすすめです。

酵素ドリンクの炭酸割りを日ごろの飲み物にするということ。何がメリットかと言うとカロリーはもちろん炭酸ジュースより低いし、酵素ドリンクは糖質もほぼない上に栄養素が満載と言うところです。

原液を1本とか飲み過ぎは良くないと思いますが、太っている方の特徴としてひとつあげられるのが、糖分がたっぷり含まれた炭酸飲料をがぶがぶ飲む人が多いですよね。特に夏場なんかは。これもう欲求を抑えられないという人もかなりの数いるでしょうから、酵素ドリンク飲んで我慢しないほうが良いのかなあと。

酵素ドリンクの炭酸割りってジュースみたいなのと、炭酸のシュワシュワ感が今までの炭酸飲料と同等の美味しさを演出してくれますし、何より満腹感を得られるのでお得です。

まずは、おやつをナッツに変え、飲み物は酵素ドリンクの炭酸割り。これはあくまでも一つの案であり我慢をしないという前提ではじめるならという話です。でも、意味合いは伝わると思うので、徐々にダイエットの基本を覚えつつ自分なりの方法を確立していくことが長期的な健康維持の唯一の方法なのではないでしょうか。